ボトックスで小顔効果を実感するなら【病院を慎重に選ぶ必要がある】

注射で顔を引き締める

医者

ハリ縮小他の効果がある

ボトックス注射という整形方法によってエラのハリが解消し小顔になることをご存知でしょうか。ボツリヌストキシンという神経の働きを抑えるタンパク質を注射し、筋肉の使用量を少なくした結果エラが張る部分の筋肉「咬筋」の発達を抑えることで小顔化が期待できます。食事などで噛み締める奥歯の筋肉は発達すると耳の下や上顎周辺が大きくなりエラも大きく見えてしまうので、これをボトックス注射により筋肉の働きを弱め顎付近の輪郭をスッキリさせ小顔化するという理屈です。輪郭をくっきりシャープに変えていく感じです。つまり咬筋の存在する上あご周辺に注射することになります。ふくらはぎに応用し、ししゃも足をスリムな足に変えることも可能です。効果は注射して数週間後くらいから表れてきます。筋肉の動きを神経のコントロールで抑えているということは、汗腺をつかさどる脇の下に注射することで脇の下の汗を出にくくするといった用途に使用する事もできます。手や足に注射すれば手の汗で持ったものを濡らしてしまう方や靴下のムレた臭いに悩んでいる方が救われます。また笑ったり会話したりして表情が変わる際に使われる表情筋という筋肉を使い続けた場合顔にシワができてしまいますが、ボトックスはこの表情筋の収縮もある程度抑止することができるので顔のシワ部分付近に注射し筋肉の動きを制限しシワを作りにくくします。あくまで作りにくくするだけなので、本格的にシワを取るためにはシリコンなどを注射してふっくらと膨らませてやる必要があるのでボトックスとは別の領域となります。注射時間はほんの10分程度、その日から入浴や運動も可能、注射してから効果が出るまで数週間。だんだん目に見えて輪郭が変わっていき小顔になっていくのが実感でき、効果は3ヶ月から半年くらい続くため、注射は定期的に行う必要があります。副作用などは特にないので多くの方が安心して美容に使用しているようです。元々ボトックスは顔面が痙攣する病気などの治療法として厚生労働省から承認を得た技法です。注射部位から離れた場所まで間違って行き渡るなどのトラブルはありません。国で承認を受けているボトックスの薬剤はボトックスビスタと呼ばれ、病院の治療から美容まで多く使用されています。基本的に安全なもので心配は少ないのですが、使用する薬剤や注射を行う医師の技術を選ぶ必要はあります。なぜなら国内で承認されていない海外製のボトックス、つまりボトックスビスタ以外の薬剤を使用している病院などがあること、施術に関し技術力の低い医師に当たると「失敗」状態に陥ることがあります。失敗とは、施術者の技量が低いために薬剤の注入量や注入箇所を間違えることで表情がいびつに変化してしまうことです。人の顔は年齢や皮膚の厚さ、脂肪分などにより個人差があります。個人差を軽視し目分量で適当に注入するとバランスが崩れ、最悪顔が痙攣したり動かしにくい部分の顔が垂れてきたりといった事態に陥ります。また注入箇所を間違えても表情筋を動かしにくい、小顔どころか日常生活に支障をきたすようになってしまいます。そうならないためにも病院を慎重に選ぶ必要があるでしょう。

ボディ

プチ整形について

小顔のボトックス注射の相場は、そのクリニックによって違いますが、大体が5万円から10万円であることが多いです。小顔のボトックス注射が人気である理由は様々ありますが、手軽にできること、効果が長続きすること、自分に自信が持てる事が挙げられます。

詳しく見る

注射

施術を受ける方法

ボトックス注射は手軽に小顔がつくれる施術です。クリニックを選ぶ際はドクターの腕前やボトックスの質にも注目することをおすすめします。ぜひ安心して施術を受けることが出来るクリニックを見つけて、理想の仕上がりを手に入れましょう。

詳しく見る

カウンセリング

整形で得られる効果

ボトックス注射には小顔効果もあります。筋肉の動きを抑制させることによって筋肉自体が細くなります。エラ部分に注入すれば発達していた咬筋が細くなり輪郭をすっきりさせることができます。施術時間も数分で終わるので、その手軽さも魅力のひとつです。

詳しく見る

Copyright© 2018 ボトックスで小顔効果を実感するなら【病院を慎重に選ぶ必要がある】 All Rights Reserved.